基礎知識

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

この記事では、トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方から、メンテナンスの重要性について解説していきます。

 

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

 

■トラックのマフラーについて

トラックのマフラーには「排気ガス浄化装置」が装着されています。
メーカーにより呼び方が異なり、各社の呼称は以下の通りです。
いすゞ:DPD日野・トヨタ:DPR三菱ふそう・マツダ・日産:DPFUD:UDPC
※DPFと呼ばれることもある

この記事では、呼称を「DPD」と統一して解説していきます。

 

■「排気ガス浄化装置(DPD)」とは

排ガス中のPM(粒子状物質)を浄化するもの。
現代のディーゼル車に必須の、排気ガス処理装置です。
昔のディーゼル車とは違い、現代のディーゼルは黒煙の排出を抑えるため非常に細かな制御を行います。
始めのうちは設計通りの性能を発揮しますが、使用過程において汚れなどで性能が落ちると様々なところに不具合を発生させる脆弱な一面も持ち合わせています。

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

上の画像は実際の「排気ガス浄化装置」を使った説明画像です。

画像の左から右にかけて排気ガスは流れていきます。

「排気ガス浄化装置(DPD)」は極端にいえば、金属製のフィルターのことです。

この金属製のフィルターは、マフラーと一体もので排気パイプの出口側に取り付けられています。

エンジンから排出された、フィルターを通過したガスは、フレッシュエアとして大気へ放出される仕組みです。

 

一方で、フィルターには有害物質「すす」が堆積します。

ある程度「すす」がたまると、DPDフィルター内の「すす」を燃やす(再生する)必要があります。

その際はメーター内のDPDチェックランプが点滅するので、自動または手動で燃焼作業を行います。

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

煙がモクモクしているこの様な画像がメーターパネルに表示されている場合は、DPDマフラーが詰まりだしたというサインです!

出来るだけ早く対処が必要です。

 

◇ランプが点滅している場合

各メーカー50kmまでは走行しても問題はありませんが、出来るだけ早く車両を停めてDPDの再生作業を行って下さい。
手動再生を無視して走行を続けた場合は、点滅から点灯に変わります。

 

◇ランプが点灯している場合

点灯になった場合は車種によってエンジン制御がかかり、速度が40km~50km程しか出なくなります。
ランプが点灯に変わると、ドライバー側のチェックランプ解除は不可能です。
そうなる前に、必ず再生作業を行ってください。

 

エラーを起こしたまま走行すると、DPD自体を破損させてしまったりインジェクターの交換など高額な修理費に至りますので注意が必要です。

基本はエンジンの性能を良い状態に保ち黒煙が出ないようにするということと、出てしまった黒煙「すす」を受け止めるDPDが再生を求めてきた場合はしっかり行うこと。

また、エンジンオイルに関しても専用オイルを使用することは必須で注意が必要です。

 

 

長年の走行でマフラー内のフィルターには徐々に「すす」や燃え残りの灰(アッシュ)が堆積します。

その堆積した「すす」は、フィルターを高温で再燃焼(再生)させることによって取り除くことができるというのは先程も説明しましたが、その中の「アッシュ」と呼ばれる物質だけは、個体のままフィルター内部に残留し続けます。

ずーーーーーーーーーーっと、です。

その「アッシュ」を取り除くには、DPDの洗浄をする必要があるのです。

 

■DPDマフラーの洗浄

DPDマフラーは、日々の運転によりどんどん「アッシュ」が蓄積されていきます。
エンジンが弱くなったり、自動再生・強制再生が増えたと感じたらDPDマフラーはかなり汚れた状態にあるでしょう。
DPDマフラーは定期的に洗浄することをおすすめします。

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

DPDマフラーを洗浄する前の画像です。

エンジンから排出される「すす」がすべてフィルターに溜まっていくためかなり真っ黒に汚れています。

 

 

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

フィルターの出口の部分はまっさらな状態です。

確実に炭化物やスラッジをフィルターでキャッチしているのが分かります。

トラックのマフラーに装着されている「排気ガス浄化装置(DPD)」との上手な付き合い方! 大阪再生中古トラック販売

こちらは酸化触媒がある側のフィルターです。

黒い部分は炭化物。

ちょこちょこ見える白い物質は「アッシュ」です。

■DPDマフラーを洗浄するメリット

◎燃費がよくなる!

◎高額な交換費用の発生を回避!

 

トラック123の中古トラックをご購入いただくお客様にも、ご購入の際にはDPDマフラーの洗浄をおすすめしています。

ご購入の際にDPDマフラーの洗浄をしておくことで、より長く、安心してご使用いただけると考えています。

定期的なメンテナンスも、ぜひご相談下さい!!

 

中古トラック エンジン水回りオーバーホールとは?ラジエータって?なぜ必要?? 中古再生トラック販売TRUCK123

https://used.truck123.co.jp/blog/basic_knowledge/engine/20200924-2239/

トラック123が『インジェクターの洗浄(交換)』を、おすすめする理由はズバリこれです!!

https://used.truck123.co.jp/blog/basic_knowledge/20200924-2240/​

EGRの役割は?エンジンに欠かせないEGRについて整備の様子を交えながら解説します!

https://used.truck123.co.jp/blog/basic_knowledge/engine/20200918-2238/

レンジャーの排ガス装置、洗浄するために取り外しましたがボルトが折れてしまいました、スタットでボルトを再度付けます。

https://used.truck123.co.jp/blog/basic_knowledge/engine/20200522-2166/

いすゞエルフのクラッチ交換、ミッション修理

https://used.truck123.co.jp/blog/basic_knowledge/transmission/20200306-1773/

トラック123で、DPDマフラーの洗浄を行っている所です。

ぜひ、動画でご覧ください。↓↓↓↓↓

その他、お役立ち動画を多数掲載中です(^_-)-☆【YOUTUBE】

オススメ記事

スタッフBLOG一覧へ